単身赴任で離婚し家庭崩壊!3件の実例と離婚を防ぐ対策まで紹介!

お仕事で役立つ記事

もし、旦那さんが単身赴任先で不倫したり、帰ってこなくなって離婚になったらどうしよう‥そんな風に思った事はありませんか?

 

残念ですが、そういったケースはかなり多いのです。

事実、私の周りでも不倫により離婚となった知人がいます。

 

旦那さんが転勤により単身赴任になると、様々な負担が奥さんにのし掛ってきますよね。

私も3年近く単身赴任をしていましたが、結局は仕事をやめて地元に戻ってきました。

単身赴任はメリットよりデメリットだらけ!3年間経験した単身赴任の事実
転勤に単身赴任はデメリットが非常に多く、最悪な結果を招く場合があります。3年間の単身赴任体験から学んだメリットとデメリットを詳しく説明します。

もともとは家族のために涙を忍んで転勤したのに、家族と別れることになるなんて本末転倒じゃないですか?

 

周りには不倫以外にも様々な理由で離婚に至った夫婦がいましたが、どんな理由で離婚となったのか。実例を紹介します。

 

その実例から考えられる離婚対策についてもご紹介!

 

これを読んで単身赴任がキッカケで離婚とならないように、しっかりとその先の家族のあり方を考えておきましょう。

 

単身赴任で離婚の実例①:旦那や妻の浮気

Aさん夫婦は30代。

お子さんがいたので、家族を残して単身赴任をしていました。

 

もともとお酒が好きだったので、単身赴任で夜が自由になった為によく飲み会に行ったりしていました。

 

そこで同じ職場のお酒好きな女性と仲良くなり不倫関係に。

ですが、同じ職場ということですぐにバレて更に家族にも知られて結局離婚となり、旦那さんはほんとの単身になってしまいました。

 

単身赴任で離婚に至るケースで最も多いのが、不倫に関する話です。

あなたの旦那さん、奥さんにそんな心配はありませんか?

 

単身赴任で離婚の実例②:帰省頻度の減少で心が離れる

単身赴任だと多くの場合に帰省旅費が支給されます。

単身赴任手当の実例!月10万円でも家計に悪影響。手当について詳しく紹介
転勤による単身赴任となった場合、会社から様々な手当が支給されます。私が体験した実例もあげて手当と支出にどの程度かかるのか。どんな手当があるのかを詳しく紹介します!下手すると手当以上に支出が増えてしまう単身赴任。きちんと手当と支出について把握しておきましょう。

それでも帰る頻度は月に1〜2度程度ではないでしょうか。

 

Bさんは新婚でしたがすぐに転勤となり単身赴任が1年以上続いていました。

 

当初は毎月帰省したり、奥さんが遊びに来たりしていましたが徐々に頻度は減っていき3ヶ月に1度帰るくらいに。

 

そんな生活を続けていたら、奥さんから「夫婦でいる必要性が感じられないから別れたい」と告げられてしまいました。

 

離婚したくないBさんは話し合いをしていましたが、単身赴任がやめられるわけでもなく結局は離婚をすることに。

夫婦をやめるより仕事をやめたほうがよかったのでは‥と思ってましたけどね。

 

単身赴任がこの先何十年と続くとしてもずっと夫婦でいられる自信はありますか?

 

単身赴任で離婚の実例③:里帰りにより旦那の存在が不要に

旦那さんが単身赴任となると、2世帯分の生活費が必要になるわけです。

お子さんがいたら奥さんに負担が掛かるわけなので実家に戻るって家庭も多いんです。

 

Cさんは奥さんとお子さんがいましたが、単身赴任により家族で住んでいたアパートを引き払い奥さんの実家に二人を戻すことに。

奥さんの親御さんに協力してもらいながら子育てをしていたそうですが、旦那さんは忙しくてあまり帰れない日々が続いたそうです。

 

そんな状況が数年続いてやっと地元に戻れることになり、また家族と暮らそうとしたのですが、お子さんが義実家の環境を気に入りすぎて引っ越しは嫌だと拒否。

義実家では旦那さんが住める部屋ももなく、近所にアパートを借りて家族の側で一人暮らしをするという奇妙な生活に…。その後結局離婚してしまいました。

 

奥さんもほとんど帰らなかった旦那さんとまた暮らすよりも、実家で援助を受けながら子育てするほうが負担が少なかったんでしょうね。

 

単身赴任は家族の絆すら破壊してしまう場合があるのです。

 

単身赴任で離婚を防ぐ方法

今回の事例は全て旦那さん側に問題が多かったように思えますが、奥さんが不倫していたというケースもありましたし、やはり家族が離れて暮らすとなると様々な問題が出てきます。

 

離婚やトラブルを防ぐためには、

・単身生活だからこそ家族優先で。
・家族のために帰省を惜しまない。
・単身生活が続くようなら転職を検討。

やはり残してきた家族の為に、どれだけ思いやれるかが大事ですよね。

 

私も結局は転職して、家族と暮らすことを選びましたがこれでよかったとしみじみ感じますよ。

単身時代は帰省しても、家族と触れ合えるのは月に4日程度と虚しさが大きかったですしね。

それが今は毎日寝顔も見ることができるしホントに転職して良かった~と。

 

特に単身生活では、夜間や休日に自由時間が出来る訳です。

転職情報を調べながら、自身のスキルアップもすることが出来ますし、これをチャンスと捉えて取り組むのもありですよね。

私も単身時代は資格の取得を目指したり、転職活動をずっとしていましたよ。

その結果、地元に戻れて収入アップも果たすことが出来たんです。

 

「もう歳だから転職は厳しい…」と諦める前に一度あがいてみてもいいのでは。

 

単身赴任で離婚の実例まとめ

転勤や単身赴任ってすごく身近な話だと思うんです。

聞くと周りには結構いますよね。

 

色んな事情があるとは思いますが、やっぱり家族と一緒に入れるというのは幸せだなって感じます。

だからこそ単身赴任がきっかけで離婚とならないように、しっかりと家族の方を向いておく必要があるのではないでしょうか。

 

実際に単身赴任で感じたメリット・デメリットも紹介しておきます。

単身赴任はメリットよりデメリットだらけ!3年間経験した単身赴任の事実
転勤に単身赴任はデメリットが非常に多く、最悪な結果を招く場合があります。3年間の単身赴任体験から学んだメリットとデメリットを詳しく説明します。
タイトルとURLをコピーしました