単身赴任手当の実例!月10万円でも家計に悪影響。手当について詳しく紹介

お仕事で役立つ記事

転勤による単身赴任。

転勤制度がある会社にお勤めなら、対象になる可能性がありますよね。

 

単身赴任だと別居生活となるわけですから、生活費に不安が出てきませんか?

 

私は過去に転勤を命じられ、3年間単身赴任を経験してきました。

 

単身赴任中、支給されたのは月に約12万円。

それだけ頂いても、手当以上に支出が増えました。

 

手当を超える支出は何なのか、手当の種類についても説明していきます。

更に、少しでも貯蓄に回せるようにできる節約法を紹介しますよ。

 

この記事を読むと分かること
・単身赴任手当の種類は4つ
・手当の支給額より支出額のが多くなりがち
・支出を抑える節約術を活用しよう
・単身赴任前は規定を必ず確認しておくこと

 

この記事を読んで、少しでも不安を取り除いて転勤生活に挑みましょう!

 

単身赴任ってどんな手当がいくらあたるの?

単身赴任となった場合、家族とは別居して生活するので家賃や光熱費、帰省代が掛かってきますよね。

そのような費用を補助してくれるのが単身赴任手当です。

 

主な手当の種類は以下の4つです。

単身手当

家族の介護や子どもの進学などの理由で、家族を連れて転勤できない場合に、残された家族のために支給される手当です。

別居手当と呼ばれる場合もあります。

 

会社により金額は様々ですが、役職によっても金額が変わる場合があります。

私が勤めていた会社では、月に3万円が支給されることになっていました。

 

しかし私は単身手当はもらっていません。

子どもが中学生未満なら家族で引っ越しても問題ないでしょうということで…。

 

家賃補助手当

赴任先で賃貸に入居した場合の家賃を補助してくれるのが、家賃補助手当です。

これも会社や役職により額は様々です。

 

私は家賃の7割が補助され、残りの3割を負担していました。

※家賃5万円なら3.5万円が支給され、1.5万円が負担。

ただし、7割でも上限額が決まっていたので、高すぎる家賃の場合は注意ですね。

 

帰省手当

別居している以上、家族のもとに定期的に帰省しますよね。

大体は月に一度帰省するための往復の費用が支給されます。

 

これも会社によって様々で、そもそも出してくれない会社もあります。

費用も実費精算の場合と、あらかじめ費用を申請して定額支給される場合があります。

 

私の場合は、あらかじめ費用を計算して、毎月7万円が支給されていましたよ。

 

転勤手当

引っ越しにより新しく家具や家電などを購入する必要があるので、その費用を支給してくれます。

私の場合は10万円支給されました。

 

結局手当は会社によってばらばら!

4つの手当を紹介しましたが、結局は会社や役職によりけりなんです

 

私の場合はあくまでも一例と考えておいてください。

もっと多く支給される会社もあれば、引っ越し費用くらいしか出ない会社もあります。

ですので就業規則を読むことが大事ですよ!

 

次に私が実際に支給されていた額と使い道について紹介していきます。

 

実例!実際に支給された額と使いみち

単身赴任により、私に支給されていた額は以下の通りです。

 

・引っ越し費用 :全額
・転勤手当   :10万円
 (1度のみ)
・単身赴任手当 :無し
・家賃補助手当 :4.5万円/月
 (2万円を自己負担)
・帰省手当   :7万円/月

毎月家賃補助と帰省手当で約12万円支給されました。

 

ですが、家賃の2万円は自己負担。

帰省により7万円の帰省手当は残らない

 

結局、赴任により2万円負担が増えました!!

更に光熱費や火災保険ものし掛かってきます。

そんな馬鹿な…。

 

なぜ家族と離れた上に負担まで増えてしまうのか…転勤制度は本当に恐ろしい。

 

あーー!やってらんねー!!!

ってなりますよね!

 

更に手当は課税対象となります。

収入が増える(支出はもっと増える)ので来年度の税金も上がることに…。

やってられないので結局会社やめましたけど!

 

手当を貯蓄に回す節約術

手当が支給されても負担の方が上回る現実。

ですので、少しでも手元に残せるように以下の対策を行ってきましたよ。

 

家賃が安い物件に住む

3割負担でしたので、総額が安いほど自己負担額が減ることになります。

ですが安さだけを優先してもオンボロになりますから、よく検討ください。

赴任先に家族が遊びに来た時、家族みんなで寝れるくらいの間取りは必要ですよ。

 

駐車場代を家賃に含める

私は車社会の都市に転勤したので、アパートの駐車場代がかかりました。

家賃手当には駐車場代は含まれていない場合が多いです。

 

ですので不動産屋に駐車場代を家賃に含めてもらいました。

これで駐車場代の負担額を減らせますよ!

 

帰省時は車乗り合わせで

私は定額支給で、事前に申請した7万円が毎月支給されていました。

飛行機&新幹線を使用すると7万円かかるのですが、車で乗り合わせして帰省するとかなり安くなります!

この方法で月5万円ほど浮かすことができましたよ。

 

ただし移動時間が長く、疲労がたまるのは避けられません。

事故のリスクも上がるので慎重に帰省しましょう。

 

帰省費用はシーズン料金で申請しよう

帰省費用が実費精算でなく事前申請ならば、料金はシーズン料金で申請しましょう。

特に飛行機は価格の変動が激しいです!

なるべく費用がかかるルートで申請することで支給額も増えることになります。

 

単身赴任になる前に確認しておくこと

何度も書いていますが、転勤にかかる手当は

会社によって全然違う! です。

 

ですので重要なのは会社の規定に目を通すこと!

できるなら転勤の可能性を感じた時に何度も目を通しておきましょう。

 

自分のケースではどの程度手当が支給されるのか。

現在の生活を考えて、転勤しても生活できるのか。

特に家賃補助・帰省手当はしっかり確認しておきましょう!

 

分からない場合は上司や総務に問い合わせをするべきです。

後から後悔しないよう確認は怠らずに!

 

単身赴任手当のまとめ:手当と支出をしっかり計算しよう

この記事のポイントのおさらいです。

・単身赴任手当の種類は4つ
・手当の支給額より支出額のが多くなりがち
・支出を抑える節約術を活用しよう
・単身赴任前は規定を必ず確認しておくこと

 

単身赴任では支出が増えるだけでなく、家族の心が離れていくケースもあります。

単身赴任はメリットよりデメリットだらけ!3年間経験した単身赴任の事実
転勤による単身赴任。全国に支社や工場がある会社では多く導入されている制度です。しかし単身赴任はメリットよりもデメリットが非常に多く、最悪な結果を招く場合もあります。実際に私が3年間の単身赴任で感じたメリットとデメリットを説明します。

 

ですので、事前にしっかりと単身赴任になった場合を想定しておくことが大事ですよ。

事前に計算して単身赴任貧乏にならないよう気を付けましょう。

コメント