【あめるんパーク】屋内交流広場が金沢に4月オープン!

公園や遊び場

金沢についに全天候対応の屋内遊び場がオープンします!

 

遊んできた様子はこちらの記事で紹介!

あめるんパークで遊んできた!遊具やトイレや飲食情報まで詳しく紹介!
2019年4月に金沢市にオープンした、あめるんパークで早速遊んできました。 オープン日の様子や遊具の情報などについて載せてあります。 天候を気にしないで子ども達が遊べるいい施設でしたよ!

 

雨が多いだけでなく、冬は雪も降りほとんど晴れることはない金沢。

外で遊ぶことがなかなか出来ないのが難点でした。

 

また、小学生以上の子と未就学児が一緒に遊べる遊び場も無かったんです。

だから天気が悪くても、兄弟で遊べる施設が前から欲しかったんですよね。

 

それがついに4月に、様々な年代が一緒に遊べる屋内交流広場がオープンすることに!

どんな施設なのか詳細が発表されたので紹介していきます!

 

こ~んな大型遊具があるそうですよ♬

 

あめるんパークの概要

金沢市からは以下のように紹介されています。

平成31年4月7日(日)13:00から、城北市民運動公園に新しい施設「屋内交流広場」がオープンします! 
屋内交流広場は、天候に左右されず年間を通して様々な運動ができ、子どもの運動機能の発達をサポートする施設です。

出典:金沢市ホームページ

施設のイメージ図がこちら。


出典:金沢市ホームページ

3階立ての体育館のような施設になっていますね。

最近完成した市民プールと隣接しています。

 

城北市民運動公園といえば、最近サッカー場も整備された広大な運動公園ですね。

広い敷地内で芝生広場も隣接しています。


出典:金沢市ホームページ

遊び場というよりはスポーツ施設と言ったほうがしっくりきそうですね。

 

ただ赤ちゃんから大人までみんなが利用できる施設になっていますよ。

まさに待ち望んだ施設の誕生です!!

 

あめるんパークの遊具や施設について

施設は3階建てで、1階は多目的広場。

2階から3階が親子アスレチックゾーンで遊具が設置されていますよ。

3階には乳幼児エリアが設置してありますね。


出典:金沢市ホームページ

 

1階の多目的広場は以下のように紹介されています。

バレーボールやサッカーボール、バランスボールといった色々なボールを使ったり、
バランスボードや体操リング、ブロックマットなど様々なスポーツ器具を利用できます。

出典:金沢市ホームページ


出典:金沢市ホームページ

全面人工芝なので、転ぶのを気にしないで思いっきり走り回れますね☆

 

2階のアスレチックゾーンはこちら☆

目玉はこの大型遊具ですね。


出典:金沢市ホームページ

 

遊具にはボルタリングウォールや、


出典:金沢市ホームページ

 

トランポリンも設置されていますよ。


出典:金沢市ホームページ

 

3階には乳幼児のお子さん向けに、年齢に合わせた遊具が設置されています。

遊具の他にも木育コーナーや授乳室も設置されてそうですね。


出典:金沢市ホームページ


出典:金沢市ホームページ

画像だとそれほど広くは見えないのですが、実際はどうでしょう?

何にせよ新しい施設はワクワクしますよね!

 

あめるんパークの料金や利用時間について

料金は掛かるのですが、すごく安く設定されています。

未就学児が無料なのは嬉しいですね。

一般 高校生以下 未就学児
100円 50円 無料

 

利用時間は以下の通りです。

・多目的ゾーン 午前9時から午後9時まで

・親子アスレチックゾーン 午前9時から午後5時まで 

最大3時間まで利用できるそうです。

 

あめるんパークへのアクセス

所在地:金沢市磯部町ロ23番地1

高速からだと金沢東インター近くです。

付近にはスーパーや飲食店も多いので、お店で食べたり買ってきて公園内で食べるのもいいですね。

 

あめるんパークのまとめ

施設のオープンは4月7日(日)13:00

 

人工芝の広場がメインとなっており、遊具ゾーンはそれ程大きくないのかな?と想像してしまいますが、これで冬や雨の日でも気軽に遊べる施設が増えるのですごく嬉しいですね♪

 

加賀市には下の記事のように大きな屋内施設もありますが、金沢の施設も人気スポットになりそうです!

かがにこにこパークが誕生!小学生から幼児まで遊べる良スポットです
石川県加賀市に出来た「かがにこにこパーク」を紹介! 小学生から乳幼児まで幅広く一緒に遊べるスポットです!!

 

トイレがどんな感じか、おむつは捨てれるのか、授乳室の広さはなど気になるポイントがありますがオープンしたら早速利用して確認してみたいと思います!

 

 

コメント